コラム

共働き夫婦のテレワークにはレンタルスペースがおすすめ!

新型コロナウイルス感染症の流行でテレワークを取り入れた企業も増えました。テレワークは企業にも働く人にとってもメリットが多く、これからますます浸透していきそうです。しかし、テレワークにはデメリットもあります。とくに子育て中の共働き夫婦にとっては悩みが増えがちです。そんな悩みの解消にレンタルスペースの活用がおすすめです!

テレワークとは?

最近ではテレワークという言葉も聞き慣れ、働き方としても広く取り入れられていますよね。

テレワークとは「情報通信技術(ICT:Infomation and Communication Technology)を活用した、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のことで、Tele(離れた)とWork(働く)を組み合わせた造語です。つまり本拠地となるオフィスから離れた場所でICTを使って仕事をすることと定義されています。

参照:厚生労働省「テレワーク総合ポータルサイト」より

リモートワークとの違いは?

リモートワークとはRemote(遠隔)とWork(働く)を組み合わせた造語で、オフィスから離れた遠隔地で働く勤務形態のことを指します。
テレワークと比べて新しく使われるようになった用語で、主にIT企業やベンチャー企業を中心に使われ始めました。テレワークのように明確な定義がないという点が一番の違いです。

テレワークもリモートワークも「オフィス以外の場所で就業する柔軟な働き方」という意味で共通しています。明確な違いはありませんので、言葉の使い分けは気にしなくても大丈夫のようです。

テレワークのメリット・デメリット

ではテレワークって実際どうなの?
テレワークのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

通勤時間の削減

移動時間がなくなることで通勤にかかる時間とコストが削減できます。また通勤がなくなることで満員電車や遅延などの通勤によるストレスがなくなります。


ワークライフバランスの改善
移動時間の削減により時間の確保が可能になります。浮いた時間をプライベートな時間にあてることが出来ます。家族や友人と過ごしたり、趣味や学習に使う時間が出来ることでワークライフバランスの改善が見込めます。


働き方の多様性
働きたい意欲はあっても、育児や介護、病気療養などを理由に離職せざるを得ない人もいます。またパートナーの転勤などを理由に退職を選ぶ人もいます。そういった人たちもテレワークという働き方によって、仕事との両立が見込めます。出勤とテレワークのハイブリッド型の企業も多く、働き方も選べるようになってきました。企業にとっても人材確保に繋がり、メリットとなります。 

デメリット

オンオフの切り替え
テレワークは業務をスムーズに進められる環境を自分で整える必要があります。在宅で行う場合にはプライベートとの切り分けが難しいと感じることも多いようです。


稼働時間
テレワーク中は実際の稼働時間の把握が難しくなります。ついオフィスにいるよりも業務時間が長くなってしまった。なんてパターンも少なくありません。企業側もきちんと稼働時間を把握・管理できるシステムが必要となってきます。


コミュニケーションの減少

打ち合わせ風景

対面でのコミュニケーションが減ってしまうことで認識のズレが生じたり、「寂しい」と感じる従業員も出てきてしまうようです。定期的な報告ルールや会話の機会を設けることが大事になります。

共働き夫婦のテレワークの悩み

テレワークを導入する企業が増えたことで、共働き夫婦が揃って家で仕事をする。そんな状況も珍しくありません。
テレワークによるメリットもあるけれど、なんだかストレスがたまる…。そんな共働き夫婦の声も聞こえてきます。

常に一緒にいるストレス

夫婦・家族といえども一日中同じ空間で過ごす日々が続くと、少なからずストレスを感じてしまいます。仕事もしているのだから尚更です。通勤がないことでストレスは減りますが、外へ出る機会が減ることで息が詰まることも。

家事の分担

オフィス勤務であればランチは外食・社食で食べていた人も、在宅であれば家でランチをとることになります。今までは週末だけでよかったランチの準備も家族の分も作らなければなりません。家にいることに伴って家事が増えてしまいます。うまく家事の分担をしないとケンカの種になりかねません。

育児の分担

通勤がなくなったことで、子どもと過ごす時間が増えた!よい面も多いテレワークですが、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い休校・休園も増えています。テレワーク中の育児の分担も悩ましいです。家族全員が家にいる状態で仕事をするのは大変。イライラも募ります。落ち着いて仕事がしたいですよね。

テレワークにおすすめの場所は?

共働き夫婦のテレワーク、そろって自宅で対応している夫婦がほとんどです。
自宅にそれぞれの書斎があったら最高ですが、どちらかがリビングで、もしくはお互いリビングで仕事をこなす。なんてご夫婦も多いのが現実です。

では自宅以外でテレワークが出来る場所としては

・カフェ
・ホテル
・シェアオフィス
・コワーキングスペース
・レンタルスペース

Wi-Fiが無料で使えるカフェも増え、カフェで仕事をしている人の姿もよく目にします。また平日昼間のホテルをテレワークで利用できるプランなども出てきて、ホテルで仕事をする人も増えています。仕事をするスペースであるシェアオフィスも人気ですよね。なかでもレンタルスペースは共働き夫婦のテレワークにおすすめです。

テレワークにレンタルスペースがおすすめな理由

料金が安い
大抵のレンタルスペースが、時間単位・数時間単位・1日単位で料金が決まってきます。1時間1,000円前後で借りられるところも多く気軽に利用できます。曜日や時間によってはさらにリーズナブルな所も。

完全個室
各部屋が独立しており完全個室になっています。そのため周りの声や音が気にならず集中して作業ができます。またオンラインの会議にもうってつけです。自宅のような雰囲気の部屋も多くリラックスして利用できます。

おすすめのレンタルスペース

設備が充実
冷蔵庫やちょっとした食器なども備え付けられているため、長時間の利用でも安心です。またWi-Fi完備なのでテレワークでの利用に最適です。

子連れもOK
自宅では夫がテレワーク中。どうしても子どもも一緒に仕事をしなくてはいけない!そんなときも子連れOKなレンタルスペースなら、完全個室で周りの目も気になりません。

子連れにおすすめのレンタルスペース

予約が簡単
Webサイトまたはアプリから簡単・便利に予約が可能です。予約サイトを利用すればどんなレンタルスペースがあるのか探すのにも使えて便利です。
おすすめの予約サイトはこちら。

▶️ upnow(アップナウ)

名古屋で駅近の便利なレンタルスペースを探している人にイチオシ!
名駅・栄・伏見・丸の内・大須などラファットスペースが運営するおすすめレンタルスペースをピックアップしています。

▶️ Instabase(インスタベース)

幅広い選択肢からいろんな用途に使えるレンタルスペースが見つかります。

▶️ SPACEMARKET(スペースマーケット)

こだわりに合わせて探しやすく、多くの情報を比較したい人向け。

▶️ スペイシー

サイトの使いやすさが評判です。

他にも検索サイトはたくさんあります!

レンタルスペースを選ぶときのポイント

レンタルスペースを選ぶとき、目的や用途に合った快適な時間を過ごせるように、事前にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

利便性

レンタルスペースを選ぶとき利便性の良さは重要なポイントです。ビジネスでもプライベートの利用でもアクセスがよい場所であればメリットも多いです。また子連れであれば駅から徒歩圏内は嬉しいですよね。

清潔感

やはり気になるのは感染症対策です。換気ができる環境か、アルコール除菌グッズが揃っているかなどを事前に確認しておくと安心です。
また気持ちよく利用するためには清潔感が欠かせません。次の利用者のため、利用後は綺麗にして退出することを心がけましょう。

設備や備品

どのような設備や備品があるのかもチェックしておきたいポイントです。
テレワークや会議での利用であれば、無料Wi-Fi、電源、ホワイトボード、プロジェクターなどが使えるか。
パーティーや女子会であれば、キッチン付きのレンタルスペースだと嬉しいですよね。調理器具や食器が一通り揃っているレンタルスペースであれば、準備も楽チンです!

飲食・持ち込み不可

飲み物や食べ物の持ち込みがOKかどうかも大事なポイントです。
多くのレンタルスペースは持ち込みOKですが、会議やギャラリー専門のレンタルスペースでは飲食も持ち込みも禁止としているところもあります。事前に確認しておきましょう。

テレワーク以外に人気のレンタルスペースの利用用途

レンタルスペースはテレワークや会議といったビジネスの利用だけでなく、さまざまな使い方が出来ます。各部屋が独立しており少人数でも借りることが出来るので、プライベートでの利用にも最適です。

女子会やパーティー

レンタルスペースはおしゃれなお部屋がたくさんあります。窓付きの明るく写真映えする空間は女子会やパーティーにぴったりです。持ち寄りパーティーはもちろん、キッチン付きであればちょっとした料理もできます。ボードゲームを無料で借りられるスペースもあり、イベントで使うのもいいですね。

レッスンやセミナー

ヨガやピラティス、英会話レッスンなどプライベートサロンとして利用することも出来ます。施術台や鏡などが常設されているスペースもあり、設備投資せずにレッスンを行うことが出来ます。
またプロジェクターがある部屋であれば充実したセミナーが開催できます。駅から近いレンタルスペースであれば、参加者も参加しやすいですよね。趣味を生かしたレッスンやセミナーもレンタルスペースを活用することで気軽に開催できます。

鑑賞会や上映会

レンタルスペースには大型モニターやプロジェクターを完備しているところもあります。DVDや映画鑑賞会で利用するのもおすすめです。気の合う仲間とスポーツ観戦で盛り上がるのもいいですね!

撮影会

動画や写真撮影、コスプレ撮影、ライブ配信、商品の撮影などで利用することもできます。
内装にこだわったスペースや、ライトアップグッズやぬいぐるみなどを借りられるスペースもあり、自宅で撮影するよりも映える写真を撮ることもできます。また全身鏡や着替えるスペースが確保できる空間もあり、仲間で集まっての撮影にも使えます。

テレワークもレンタルスペースを利用して快適に!

いかがだったでしょうか?

テレワークが増えてきている今、子どもがいる共働き夫婦は負担もストレスも増えがちです。しっかり仕事に集中できる環境が整えられることでストレスは減らすことができます。
レンタルスペースを活用して快適なテレワークにしませんか。

下記の記事も参考にどうぞ

< 一覧に戻る