活用例

エア花見はレンタルスペースで楽しもう!室内で桜を楽しむ工夫を紹介

例年3月になると桜の開花予想が聞かれるようになり、いよいよ春の訪れを感じる方も多いかと思います。

しかし、2020年からは感染症の流行により、従来のようなお花見イベントも開催しづらくなりました。

そんな中、ここ数年で広がりを見せているのが「エア花見」という楽しみ方。

今回のコラムでは、室内にいても楽しめるエア花見の楽しみ方やおすすめの会場について紹介していきます。

レンタルスペースでエア花見をするのがおすすめな理由

コロナ対策としてにわかに広まってきたエア花見は、室内で花見気分を味わうイベントのことです。

エア花見の会場としておすすめなのがレンタルスペースです。

レンタルスペースとは、時間単位で借りられる個室空間のことで、都市部を中心に増えているサービスです。

最低1時間(もしくは2時間)から借りられる部屋が多く、非日常感を味わえるおしゃれなインテリアやキッチン付きのスペースなど用途に合わせて選べる魅力があります。

個人でも1時間1000円〜数千円で借りられて、スマホで簡単に予約できるので人気が高まっています。

レンタルスペースなら、自宅に人を招くのが難しい人も気軽に花見会場を借りることができます。

また、レンタルスペースは駅前などの便利な立地に数多くあるので、参加者の利便性が良いというメリットも挙げられます。

▶️ラファットスペースが運営するレンタルスペースはこちら

エア花見のメリット5選

エア花見は感染症予防にもなる上、従来のお花見の負担を軽減するメリットがあります。

①花粉対策

3月以降は花粉や黄砂が飛び始め、花粉症の人にとっては外出が辛い季節でもあります。

エア花見の場合は室内で花見気分を楽しめるので、外出が大変な人にとってもゆっくりお花見を楽しむことができるのはうれしいですね。

②混雑回避

人気の花見スポットは、週末ともなると大変混雑します。人混みが苦手な人にとってはそれだけでも疲れてしまうので、ゆっくり花見をしたいという人にもエア花見はおすすめです。

また、昨今では感染症予防として、密にならないように注意する必要もあります。

少人数で集まって花見気分を味わいたい方にはぴったりではないでしょうか。

③場所取りの負担がない

人気の花見スポットでは、事前に場所取りをするケースも多々見かけられます。

その点、エア花見は事前にレンタルスペースを予約しておけば、場所取りをする必要がありません。

花見の主催者側の負担も少なく、手軽に楽しめるのもエア花見のメリットです。

④天候の心配がない

屋外での花見は、予定していた日程に雨が降ってしまったり、冷え込みが厳しい場合もあります。

エア花見の場合は天候の心配がないので、快適な時間を過ごすことができるでしょう。

⑤トイレが混まない

屋外の花見だと、トイレまでの距離が遠かったり、トイレが混雑していたりする場合もよくあります。

レンタルスペースでは室内にトイレがあるので、小さい子供がいても安心して開催できます。

エア花見の楽しみ方

エア花見は具体的にどうやればいいの?という方に向けて、レンタルスペースでも気軽に楽しめる方法を提案します。

桜の装飾で室内をデコレーション

室内に桜でたくさん飾って、花見気分を味わうのも楽しいものです。

レンタルスペースでも花見仕様に装飾してあるところや、自由な装飾が可能なところが多数あります。

レンタルスペースに装飾をする際は、壁紙や備品を傷つけないように注意してくださいね。

2019年のキャトル@名駅でのエア花見の様子 (CHUKYO TV News Webへリンクします)

桜の映像を楽しむ

レンタルスペースでは大型モニターやプロジェクターを完備しているところもあります。

大きな画面いっぱいに桜の映像を流すことで、臨場感たっぷりのエア花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お花見レシピ

キッチンが使えるレンタルスペースでは、簡単な料理をすることもできます。

ホットプレートやたこ焼き器が使える場所もあるので、簡単なパーティーメニューを作りながら楽しむこともできますね。

桜あんや桜の塩漬けを使って桜スイーツを作るのも花見気分が高まりそうですね。

たこ焼き器で作れる絶品スイーツ (tenki.jpへリンクします)

桜アイテムを使ったスイーツ・パンレシピ24選 (TOMIZ通販サイトへリンクします)

ポットがあるレンタルスペースでは、温かいお茶やコーヒーもすぐに用意できます。

桜スイーツでエア花見お茶会も楽しそうですね。

ケータリング

レンタルスペースでは食べものやお酒を持ち込んで飲食できるところも多くあります。

飲食可能なレンタルスペースでは、ピザなどのテイクアウトや、ウーバーイーツなどの出前サービスを使って気軽にパーティーメニューが食べられます。

注意点として、レンタルスペースではごみの持ち帰りや退室時の清掃が必要なところもあります。また、マンション内のレンタルスペースでは他の入居者の迷惑にならないように、お酒が入って大騒ぎをしないように気をつけましょう。

レンタルスペースによっては、ごみ捨てのオプションが可能なところもあります。退室時のことも考え、レンタルスペースでの飲食を楽しんでくださいね。

撮影会

レンタルスペースは撮影会の会場として使うこともできます。

コスプレ撮影会やアイドルのチェキはもちろん、個人でポートレートを撮る際にもおすすめです。

youtuberの動画配信や、TikTokの撮影をする方も増えていますね。

桜の装飾をした室内で、思う存分撮影会を楽しんでみてはいかがでしょうか。

花見スポットまで散歩する

室内で十分に楽しんだら、少し散歩して人の少ない花見スポットに行くのもおすすめです。

出かけるときは、レンタルスペースの施錠ができているか注意してくださいね。

最後に、名古屋でエア花見をするときのおすすめレンタルスペースと、一緒に立ち寄りやすいお花見スポットをご紹介します。

レンタルスペースから行きやすい名古屋のお花見スポット

ラファットスペースが運営するレンタルスペースの中でも、エア花見にとっておきの場所をご紹介します。

セット@栄

セット@栄は伏見駅、栄駅、矢場町駅から徒歩10分ほどの場所にあるので、アクセスが抜群です。

室内は大きな三日月のモチーフがあり、幻想的な桜の装飾とも相性が良さそうですね。

エア花見の気分転換で外で桜が見たくなったら、徒歩3分の場所に白川公園や矢場公園があるのでぜひ訪れてみてください。

▶️セット@栄を詳しく見る

サンク@栄

サンク@栄は伏見駅から徒歩5分、本町通り沿いに位置しています。

大きなクマのぬいぐるみがポイントのナチュラルでかわいいインテリアが人気です。

大きなフラワースタンドや黄緑のラグがあるので、自然の中にいるような桜の飾り付けもマッチしそうですね。

サンク@栄も、名古屋市美術館や名古屋市科学館のある白川公園へは徒歩5分で到着できます。

エア花見とリアルなお花見の両方が楽しめるのも魅力のひとつです。

▶️サンク@栄を詳しく見る

ドゥ@丸の内

ドゥ@丸の内は丸の内駅から徒歩1分の好立地にあるレンタルスペースです。

プロジェクターがあるので、桜の映像を見ながらエア花見もできます。

机と椅子があるので、お茶会をしながらのエア花見にもおすすめです。

(アルコールを伴う飲食はお控えください)

シンプルな内装なので、工夫次第で桜の装飾も映えそうですね。

ドゥ@丸の内は名古屋城へも徒歩15分で行ける場所にあります。

名古屋城へのお散歩と花見を楽しみながら、快適な室内でゆっくりエア花見も楽しんでみてはいかがでしょうか。

▶️ドゥ@丸の内を詳しく見る

まとめ:レンタルスペースのエア花見は気軽に楽しめます

エア花見は、花粉や天気の心配も少なく、室内で快適に春を楽しめる新しいお花見のかたちです。

自宅では人が招きづらい場合でも、駅近の便利な場所でレンタルスペースを借りられるので、ちょっとした集まりをしたいときにとても便利です。

レンタルスペースのエア花見では、オリジナルの装飾や桜の映像で臨場感を演出したり、撮影会を楽しんだり、工夫次第でいろいろな楽しみ方ができます。

名古屋でも桜が見られる名古屋城や白川公園から至近の好立地にレンタルスペースがあるので、ぜひお気に入りのレンタルスペースを探してみてくださいね。

▶️ upnow(アップナウ)

名古屋で駅近の便利なレンタルスペースを探している人にイチオシ!
名駅・栄・伏見・丸の内・大須などラファットスペースが運営するおすすめレンタルスペースをピックアップしています。

▶️ Instabase(インスタベース)

幅広い選択肢からいろんな用途に使えるレンタルスペースが見つかります。

▶️ SPACEMARKET(スペースマーケット)

こだわりに合わせて探しやすく、多くの情報を比較したい人向け。

▶️ スペイシー

サイトの使いやすさが評判です。

< 一覧に戻る